IMC 最新リリース情報

浮動ライセンスとは

固定ライセンスとは?

 

IMC ホームページ

このページはインシリコモレキュラークローニング(IMC)のホームページです。

インシリコモレキュラークローニングの概要


IMC開発基本思想

開発アドバイザー 

インシリコモレキュラークローニングの開発は奈良先端科学技術大学院大学の小笠原直毅教授、東京工業大学の黒川顕教授の協力の下に行われています。

IMCの機能

IMCのライセンス形態

IMCのVersion Up

IMCのマニュアル

IMCの価格と注文方法


インシリコモレキュラークローニングの機能


注釈付き塩基配列ファイルのインポート・エキスポート



実際に切断・ライゲートできるクローニング機能


IMCは、クローニング実験の操作をコンピュータ上で実行できることに特徴があります。この際、特殊なデータは不要で、GenBankやEMBLなどの公的なデータベースから入手できる塩基配列データをそのままクローニングすることが可能です。クローニングは注釈付の配列をそのまま、制限酵素消化、PCRプライマー設計、PCR増幅、ライゲーションを実行できます。結果として得られるクローニング生産物はすべてGenBank/EMBLフォーマットで出力されます。Primer情報は塩基配列上に貼り付けられ保存されるるため、Primerの管理にも有用です。


フィーチャーマップ操作機能


IMCのフィーチャーマップは多様なカスタマイズ機能を有しており、望み通りの遺伝子地図などを描画、印刷することができます。


フィーチャーマッピング


遺伝子同定ソフトウェアの同定結果のインポートおよびマッピング

注釈ファイル形式のインポート・マッピング

検索結果のインポートマッピング


配列マッピング



配列解析



検索機能



アノテーション機能


アノテーションウィンドウでは、様々なツールが用意され、誰でも簡単に注釈をつけることができるようになっています。


比較ゲノム解析(ゲノミクス版以上に実装)


スタンダード版のすべての機能の上に、比較ゲノム機能が強化されており、環状ゲノムマップやドットプロットの描画印刷機能などが実装されています。さらに参照ゲノムマップでは数十もの生物種を簡単に比較解析することができます。


アレイ解析(アレイ版にのみ実装)


高精度なタイリングアレイデータを遺伝子などの注釈と併置して閲覧解析することが可能です。現在のところ、Affymetrix 社、Agilent 社、Nimblegen 社のアレイに対応しています。


ユーティリティ